こんちゃす!(´・ω・`)

テッチャンです!

アビネコ戦終わりました。

結果は↓↓

image


リベンジ達成!

うん。嬉しかった。

多分クラクラをやってて一番嬉しかった瞬間でした。

自分達が嬉しい半面アビネコ側はすごい悔しいでしょう。

なのでこの戦いについての詳しい統括はしません。

あえて言えばうちの真剣さがアビネコのガチさより少しだけ、ほんの少しだけ上回ったって感じです。

クラメンのみんな着いてきてくれて本当にありがとう。

アビネコの皆様、熱い戦いを本当にありがとう。

年内にまたやろう。

で、統括はしないけどお互いにミックスクランとしての明暗がわかった対戦でした。

おいら個人としては

ここまでやらなきゃ勝てないという事がわかりました。

もちろん今までの対抗戦も立ち回りや配置の見直し、クラメンへのアドバイスも行ってきました。

ですがこのアビネコ戦に関しては今までの何倍もリアルを削って作戦をたて、役職者、クラメン全員で動きました。

勝ったことはすごい嬉しい半面、ここまで皆に負担をかけた申し訳なさもあります。

特にミックスクランの場合10と9の立ち回り、9
の結果、立ち回り次第で10以上の負担も出てしまいます。

うちもアビネコも極力th9が早めに動いてくれたのは一緒でした。

ですがth10オーバーの負担も多少垣間見れた所が今回の反省点、多分アビネコも一緒だったと思います。

オンリークランとの違いはth別の負担度。

下のth帯が強くなれば上が楽になる。

逆に言えばth11が増えればth10も強くならなければいけない。

ミックス特有の立ち回りの楽しさ、チーム力が垣間見れる『明』の部分と、ある程度のガチさと負担が無ければ勝てない『暗』の部分。

どちらにしてもきちんとした将来像をもってクラン全体の個々の底上げを日々行わなければなりません。

今は9が多いけど10が増えたら?

11が増えたら?

まだまだ悩みは増えそうです。

この悩みはある意味楽しさではあるんだけどね(´・ω・`)

ここのバランスをうまく保つ事が今後のうちの課題になりそうですしミックスクランの宿命だと思います。

まーどっかの(ФωФ)リーダーがいってた通り勝たないと楽しくないんだけどね(´・ω・`)

うちはまだ二月から方針固めて時期が浅いのもあるので、再度しっかり同じベクトルに進むことが大事だと気づきました。

だがしかし勝てて本当によかった。

これで燃え尽きてられないよ。

来月にはセコムさんとの対抗戦もあります。

アビネコ戦勝利に浮かれず、気を引き閉めてセコムさんにリベンジをさせないようにしたいと思います。

では!