thumb02
こんにちわ!次郎です(*θ∀θ)ノ
今回は珍しくクラクラの話します(笑)。わりとクラメン向けかも。

まずはこちらをご覧ください。
faf16d01

わりとよく見る小爆弾をwb対策として壁から3マス目に置いたものなんですが、先日の外国クラン戦でこんな場面を目撃。

ゴレ2体をドン、ドン、ウィズ数体をポンポンポン、アチャクイをアハァ!wbをバラバラ〜、ボフン!(小爆弾)
小爆弾でwbが全消滅、左右に流れていくユニット達、嗚呼無情。星1。
画面の向こうで彼はおそらくこんな感じだったはず
ホワイ⁉︎ジャパニーズピー(ry」ふふん。


だいたいゴレやウィズに踏まれてしまって綺麗にwbを消せることは少ないのですが、決まれば相手の序盤を大きく崩すことができますね。

かのパンドラの誇るサブリーダーnyoko氏も仰いました。
「wbの出し方は、トン、トトン」と。(th9、相手レゴ壁を想定)
そう、まずは1体で罠の確認、解除を行い、続く2体もしくは3体で壁を開ける。
「えーやってるよー?トントトンでしょ?」

これが意外と勘違いしてる人が多くて、実際には、トン…ズドン(もしくはボフン、ビヨーン)トトンです。一体目が無事に(?)爆発した、もしくは罠の解除したのを見届けてから2、3体目を出します。できてない人は1体目と2体目の間隔が短く、これだとバネは避けられますが小爆弾にまとめて消されてしまいます。(小爆弾の爆発は出現から約1秒後)

先日の紅白戦でもwbをまとめて出して消されていた人、いましたね(ニッコリ
まとめ出しでもほとんどの場合は失敗しません。小爆弾で消されるケースの方が稀でしょう。ですがここ一番の場面で、全壊とれば逆転勝利の場面で、罠の確認を怠ったが為に、壁開けに失敗、ユニット流れて嗚呼無情、星1。なんてことのないようにwbの出し方、意識しましょう!

最後に我らがリーダー、フランケル氏が仰いました、この一言
壁開けは美学
…すいませんちょっとわかんないです(困惑)

それではまた(*θ∀θ)ノシ