なみです。
ちょっと心落ち込んでます。
そして、勢いで書いてます。
今回は個人的なお話です。


たかがゲームって言われます。
ほんとです。


でも、なんでこんな心震える出来事が起きてしまうんでしょう。
クラクラってすごいゲームです。

とある有名クラクラプレイヤーの方が完全隠居を発表されました。

パンドラでもダチヒロさんが。

私のクランを超えた友人であるアビ猫のユリさんも。

有名クラクラプレイヤー・・・群馬帝国遠征軍のpontaさんは、なってぃんがむのmonakommさんと共に、私が初めてリアルでお会いしたクラクラユーザーの方です。
私が前のクランを出るときも、たまたまですが、サブサブ垢で遊びに来てくださっていました。
Ponta節で励ましていただきました。


私は、対戦でめちゃめちゃ緊張して芝ヒール3発落としたのを覚えています。

ご自分では下手くそ、とおっしゃられていましたが、th7のサブサブ垢でのドラガゴが描く美しさに、クラメンと共にため息をこぼしました。

私は、pontaさんやゆりさん、もなさん、その他有名なブロガーさんのような文才はありません。
下手くそ実況杯にも応募しましたが、当然、実況などできる人間でもありません。

尖ったところがない人間です。
すべて、平凡。
すべて、平均。もしくは、それ以下。

なのに、才能ある方々とご縁があったこと、今思えば大変光栄なことでありました。

私は、いつも観客席の一番前でクラクラ界隈を楽しんでいる、幸せな人間であります。
決して舞台に立つことはないでしょう。

そして、一番前のその席は、私という器を持つ人間の立ち位置であり、満足しています。

どうか、Pontaさんのこれからの隠居生活が幸せなものとなりますよう・・・