こんにちは(。・ω・)ノ゙

パンドラの箱庭のリーダーテッチャンです!

今回のブログは前回書いたその1からの続きになります。

前回は主にクラクラの名と暗を自分のエピソードと共に書きました。

今回は自分のクラン『パンドラの箱庭』の明と暗を書き綴りたいと思います。

再び長くてまとまりのない文章ですがどうぞお付き合いくださいませ。

書いていく中でクラクラの明と暗の部分も出てくるかも知れません(笑)

では続きになります
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



『こんにちは』

この言葉をグロチャに打ち込むまで二日ほど携帯の決定ボタンを押せずにいました。

前回やってたオンラインゲームをやめてからは対人ゲームには一切手をつけずにいました。目の前の相手はコンピューター。
PS3のゲームを買っては全クリ⇒やるゲームがなく飽きる⇒プレステを売る⇒やりたいゲームが発売⇒買う⇒全クリ⇒また売る。

クラクラを始めるまでに三回くらいこんな事をやっていました(笑)

対人ゲームの人と接することの魅力もゲームが終わる時の寂しさも知っていた自分。出会いも別れもある対人ゲーム。結局は別れの辛さより人と接したい気持ちの方がうわまったんでしょうね。

クラクラの魅力『クラン』に自分は足を踏み入れようとしました。

もし未だにクランに入ったことない方がいるならば入ることを自分はお勧めします。ゲームの名前に入っている通り最高の明は『クラン』だと思います。一人でやるより何倍もおもしろいですよ!
よければパンドラへ!最高のチームワークが売りですよ!
おっと宣伝失礼。


さて、そこそこTH7の村も育ち打ち込んだ『こんにちは』。」
グロチャに溢れているクラン宣伝。
最初見たときは正直選べませんでした。色々なクランから送られてくるチャットと招待メール。

クラクラの暗の部分がまた出てしまいますね。
入ってみなければわからないんですよ。クラクラは。

理由は明確。クラクラとしての公式の掲示板やらサイトがないこと。
クラクラで検索しても出てくる公式はTwitterのみ。

Twitterやってない人には正直辛いと思いましたねその時は。
公式として皆が宣伝できる環境があったほうが新規には選びやすいんですよね。
あたくし個人としてはクラクラ全ユーザーが関われる場所がもっとあってもいいのかなーと思います。
運営様!よろしく!

そしてグロチャで話す方々の中でひとつだけ気になるクラン名がありました。
自分の好きなミスチルの曲名をクラン名にしているクラン。
話してみるととても優しいリーダー。ミスチル好きという共通点で自分は初めてのクランに入りました。

そのクランは10人対戦が出来るかどうかくらいのクラン。
ですが周りの方々は皆優しく親切なクランでした。

援軍の入れ方も、TH7のドラゴンラッシュのやり方も、村のつくり方も、サイドカットの仕組みも、クラクラの『基礎』となる部分はこのクランで教わりました。
TH9序盤まで愛用していた得意戦術のゴレホグを教えてくれた初めての『師匠』と呼べる方にも出会えました。

そのクランは対戦ガチクランの名の通り勝率もよくTH9序盤までお世話になりました。

ですが避けられない少数クランの宿命。クラメンの引退が相次ぎました。

徐々にマッチングも出来なくなってきた頃リーダーが言いました。
『テッチャンはうちなんかよりももっとレベルが高いとこに行ったほういい。戻りたくなったら戻ってくればいいから』

TH9になり対戦がしたくてウズウズしていた自分に多分リーダーは気づいていたんでしょうね。

その言葉に甘え自分は再びグロチャに『こんにちは』と打ち込みました。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━──━─━─

今はパンドラでリーダーをやらせて頂いている自分ですがそのクランを未だにブクマしてたまに眺めています。

あの時送り出してもらった時の寂しさ、申し訳ない気持ち、ありがたみ。未だに忘れてはいません。
いつか自分がリーダーとしてもプレイヤーとしても一人前になった時遊びに伺いと思ってます。
本当にありがとうございました。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
長くなりましたがここからがパンドラの明と暗です。


グロチャで打ち込んだ二回目の『こんにちは』。

次は大きいクランを体験したいと思っていた自分。そこで迎え入れられたパンドラの箱庭。

まず驚いたのはチャットの流れる速さ。

パンドラの明、売りの『滝チャット』ですね。

あっというまに埋まるログ最初は誰が誰なのかわからなくなるくらいでした(笑)

今も変わらずパンドラはチャットの速さキャラの濃さが売りです。

そして案内されたLOBIというアプリ。ここで連絡を取っているとのことでアプリをダウンロードしてとのこと。
ブログもあるから見てねと言われ最初は『めんどくさいなー』と思いました。

ですが後にこのLOBIというアプリ、ブログの重要性を知ります。

パンドラの明はこのLOBIというアプリを通しての連絡事項です。
報告連絡相談。この全てがLOBIというアプリを通して行われます。
最初はめんどくさかったLOBI。今となっては欠かせないツールになってます。
このアプリによってクラメンとのコミュニケーションが深く取れます。

たぶんLOBIが無かったらこんなに大人数のクランをまとめられないですね。
パンドラでは今もLOBIにてコミュニケーションを取っています。
最初はめんどくさかったLOBi。パンドラではクランチャットよりもLOBIでの連絡を重宝しております。


入った当初に自分が声を掛けられた方で未だに忘れられないチャットがあります。

『テッチャンは得意戦術はなんですか?^^』

『ゴレホグですかね?』

『そうですか私もゴレホグ好きなんですよ^^一緒に頑張りましょうね』

声を掛けてくれたのがパンドラで後に師匠と呼ぶお方。

最初はなんだこいつはと思ってました。

ですが彼のゴレホグを見た瞬間に衝撃を受けました。

ビビビと電流が走ったんです。恋じゃないですよ?彼の攻めに惚れたんです。、

その後パンドラでのテッチャンの生活は一変しました。
根っからの負けず嫌いの性格も相まってか対戦が終わってからの深夜の反省会、攻める前のアドバイスに二時間かかるなどいつしか二人は『師弟』と呼ばれる間柄になります。

目標のサブリーダーの師匠の影響ですね。彼の後ろ姿見て追いつけ追い越せの精神でクランの為に出来る事を必死にやりました。
テッチャンは長老になり師匠と同じサブリーダーまで上り詰めました。

ですが彼らは後に袂を分かつことになります。



パンドラの暗。

パンドラでは今まで二回の分裂騒動がありました。

原因はリーダーサブリーダーのぶつかり。です。

初代リーダー・二代目リーダー共に同じ辞め方をした歴史があります。

『個人の感情』がクランを巻き込みました。

自分の師匠も。

どこのクランでも起きることでしょうがクランの顔のリーダーサブリが個人の感情でクラメンを巻き込んだ事が
パンドラでは起きています。

ですがパンドラは私がリーダーになっても騒動が起きた後も変わらず動いております。

これがパンドラの最大の魅力『チームワーク』です。

騒動が起きても、問題が起きても、クランを支える優秀なサブリーダー達がいました。

パンドラの最大の強みはこのサブリーダー達です。

初代リーダー・二代目リーダーが全く同じことを言っていた記憶があります。

『自分がパンドラを抜けてもクランが存続してほしい』

パンドラの箱庭では今その形が取れています。自分も同じ思いを持っています。
たぶん自分が抜けても変わらない体勢になっているでしょう。

え?やめないよ(´・ω・`)?

二代目リーダーNyokoさんが掲げたチームワークをもってクラン対戦に勝利する。
この理念の元に走り続け来月で一周年を迎えます。
Screenmemo_2016-08-21-18-10-35
Screenmemo_2016-08-21-18-10-50



ここ3ヶ月パンドラは負けていません。赤い部分はパンドラのイベント、クイキン戦での結果になります。

理念設立一周年を迎えた今パンドラは『チームワークを持ってクラン対戦に勝利する』クランになりました。

パンドラは次のステップに進む時だと自分は思っております。

クランとしてどこへ向かうべきか。リーダーとしてクランをどう引っ張っていくか。

まだまだ新米リーダーの悩みは続きそうです(笑)

今回は先代から受け継いだチームワークをもって変わらず走り続けるパンドラがあることを今後も願って書き綴りました。

パンドラでは今クラメン募集に力を入れております。見ての通りブログも役職問わず皆で協力してメンバー募集に励んでおります。ここまで皆でメンバー募集に力を入れているクランはパンドラだけ!(笑)さあ!これを見ている貴方!ポチっと申請ボタンを押すのだ!
おっとまたまた宣伝失礼。

各々が自分に出来ることを精一杯行なっているクラン。それが『パンドラの箱庭』です。

お陰さまでブログの影響もあってかメンバーが徐々に増えております。

来週から二代目リーダーNyokoを筆頭にTH10以上の『パンドラの箱庭classic』を稼働していきます。

そちらの方の問い合わせはNyokoまでお願いします(笑)

相変わらず頼りないリーダーでクラメンやサブリに頼ってばかりですが今後もより良いクラクラライフを共に歩んでいけるよう願っております。

三度目のグロチャへの『こんにちは』はないでしょう。

オンラインゲームの宿命『別れ』はいつか来ます。

その日が明日なのか何年後なのかわかりません。同じ時間をより長く過ごせること、同じ時間を共に過ごせている事の感謝を込めて。
そしていつか別なクランで頑張っている師匠をやっつけることを願って個人としては走り続けたいと思います。

パンドラのタブーの部分に敢えて触れてみました。クラメンを募集している以上歴史をごまかしたり隠したりはしません。良い部分だけじゃなく失敗から学ぶことが重要だよね!


長くなりましたがここまで読んでくれた貴方!フリーならポチット申請ボタンを!(しつこい)お願いします。
貴方が開けたパンドラの箱には素敵なクラクラライフがあることを約束します。

ではではまたお会いしましょう!バイバイキーン!.。゚+.(・∀・)゚+.゚.。゚+.(・∀・)゚+.゚